湘南啄木文庫ブログ

このブログは佐藤勝が個人的に収集した歌人・石川啄木に関する「よろず」情報を紹介いたします。また、私の雑多な日常的な話題や趣味の世界(落語や演劇鑑賞、読書体験)なども記してゆきますが、いずれの部門の同好の方々からのご協力なども頂くことが出来れば有難いです。なお、石川啄木に関する文献を主にした「湘南啄木文庫」のホームページ(http://www.ne.jp/asahi/shonan/takuboku/)の方も覗いて頂ければ嬉しいです。

ジャグラ・自費出版ネット 大賞に福地純一氏の『石川啄木と北海道』第21回日本自費出版文化賞の入賞作決定

http://www.newprinet.co.jp/ 印刷業界ニュース:ニューブリネットの報道記事によると下記のようになっている! (以下は2018年9月6日付のニュース記事からの引用です書籍の写真は著者寄贈による 湘南啄木文庫の所蔵本です) 日本グラフィックサービス…

啄木コンサート:岩山展望台(盛岡)喫茶GEN・KI

出演:田中美沙季(ソプラノ)/井上彩花(ピアノ) 2018年9月29日(土曜日)午後5時30分 開演 チケット:2000円 申し込み:090-6459-3018

毎日新聞(東京:朝刊) 2018年9月18日 市田忠義氏/上 今に生きてくる「啄木歌集」

毎日新聞(東京:朝刊)2018年9月18日市田忠義氏/上 今に生きてくる「啄木歌集」ロングバージョン10歳のころに父が亡くなり家は貧しかった。新聞小説や短歌が好きだった母の影響で自分も文学に興味を持つようになった。石川啄木にひかれたのは、中学校の…

毎日新聞(東京:朝刊)2018年9月18日【蔵書拝見】市田忠義氏/上 「新編 啄木歌集」 叙情性・革新性に共感

毎日新聞(東京:朝刊)2018年9月18日蔵書拝見市田忠義氏/上 「新編 啄木歌集」 叙情性・革新性に共感 中学の授業を機に石川啄木にひかれた。当時は本を買う余裕がなく図書館に通い詰めていた。歌集「一握の砂」「悲しき玩具」を借り、合計745首をほとん…

岩手日報(コラム風土計)に啄木と牧水の短歌問答が登場した!

(風土計)2018.9.18 若山牧水が友人・石川啄木の歌を評した一文は、なかなか面白い。「バカバカしいくだらぬ歌の方が多い」「どこがいいのか解らないようなところに彼の偉がある」 ▼けなしているのか、褒めているのか。こう牧水は言っている。「歌…

新刊紹介:塩浦 彰著『評伝 平出 修』〈而立篇〉 新潟日報事業社

石川啄木の晩年(と言っても23歳頃であるが)の思想に多大な影響と今に残る貴重な資料の元を与えたのは新潟出身の若き弁護士、平出修であった。 平出修は当時の政府が秘密裏に裁いた「大逆事件」(幸徳秋水事件とも)の弁護人の1人であり、明星派の歌人でも…

最新の「啄木えはがき」ワンセット(16枚)1500円・盛岡から発売!

最新の「啄木えはがき」ワンセット(16枚)1500円・盛岡から発売!

「啄木・賢治と平泉」 石川啄木記念館長(森義真氏)が講演! 

石川啄木記念館館長である森義真氏が来る2018年10月12日に、平泉町立図書館にて「啄木・賢治と平泉」と題して講演されます。お近くの方はお出かけください。 ※参加費無料/先着60名 ※問い合わせは平泉町立図書館まで 。

ジャグラ・自費出版ネット 大賞に福地純一氏の『石川啄木と北海道』第21回日本自費出版文化賞の入賞作決定

講評を述べる鎌田慧審査委員会(左)と日本自費出版ネットワークの中山千夏代表理事 日本グラフィックサービス工業会主催、日本自費出版ネットワーク主管の「第21回(2018年)日本自費出版文化賞」最終選考会が9月5日、東京都武蔵野市の東急REIホテルで開催…

【論文】 石川啄木の推敲      大室精一(国際啄木学会副会長)

国際啄木学会の副会長の大室精一氏が短歌総合誌「現代短歌」2018年6月号に「石川啄木の推敲」という論文を発表された。大室氏は先年『『一握の砂』『悲しき玩具』編集による表現』(おうふう・2016年12月)という大著を出しておられるが、その著は未踏の「…

啄木は二度造られる――明治の啄木、昭和の啄木    川野里子

石川啄木に関する文献の量は毎月どれくらいの数なのだろうか。自分が啄木文献を探し歩いていた50年前とネットで検索できる今日の量を一概には比較できないが、とにかく多い。間もなく刊行される拙著『補輯 石川啄木文献書誌集大成』(桜出版)の正篇となる『…

全国各地で啄木祭や啄木学級が、8月現在で8回も開かれていた!

8石川啄木記念館主催の「啄木祭」/開催日・期間:平成30年6月9日(土)/時間:13:30開演 (13:00開場)/場所:姫神ホール(盛岡市渋民文化会館)/講師:ロジャー・パルバース氏(作家・劇作家・演出家)ですが、他に国際啄木学会盛岡支部会主催の「啄木忌前夜…

エッセー「はじめの1首」は啄木の歌だった・西澤 康子

隔月刊短歌雑誌「りとむ」9月号(通巻158号)に西澤康子氏が小学4年生の時に出会った啄木短歌との思い出を心温まる短文として綴ったエッセーが冒頭の短歌雑誌「りとむ」に載ったものです。 著者に無断で恐縮ですが、啄木文庫ブログ版の読者限定でのせまし…

好評だった劇団コルバタ上演の「飛行機の高く飛べるを.」を観劇して

24日(金)から開幕した、平山 陽(脚本)劇団コルバタ「飛行機の高く飛べるを.」を一昨日、二十数人の仲間と見に行った。 先ず、第一の感動は通し稽古を見た時の想像を遥かに超える舞台になっていたことでした。そして、最初の驚きは、シンプルな舞台装置が…

社会福祉法人風土記<39>岩手愛児会 上 まれな医療系児童養護施設

【福祉新聞】(WEB) ふるさとの山に向ひて/言ふことなし/ふるさとの山はありがたきかな(『一握の砂』) 歌人、石川啄木(1886~1912)が故郷の岩手県渋民村(現・盛岡市)で眺めた南部富士の岩手山それに姫神山を詠んだといわれる。盛岡市上田松…

河﨑洋充 詩集『菜の花の駅』を読む  (2018年8月)

河﨑さん、とうとうすごい本をだしましたね。私は昨夜からずっと興奮してます。 河﨑さんは、健在だったのだとわかっただけでも嬉しいのに、こんな美しい詩を今も書いていたなんて本当に嬉しいです。そして、自分を涙もろくなったのか?と疑ってしまうほど、…

『飛行機の高く飛べるを。』劇団 コバルタ が 公演「新宿スターフィールド 」で

病床で啄木の歌集と出会い…『飛行機の高く飛べるを。』公演 8/24~26 [『飛行機の高く飛べるを。』チラシ] コルバタ主催第19回公演 『飛行機の高く飛べるを。』 脚本/平山陽 演出/ささおかみゆき ささおか組が動きだしました! テレビプロデューサー平山陽…

啄木の「歌碑建立」に秘められた謎があった?

国際啄木学会の東京支部会と地域住民が一体となった、啄木の終焉の地に「啄木歌碑建立」を、の運動が実を結んだのは3年前であった。 このたび「劇団コバルタ」によって、その劇的な事実の経緯を脚本家の平山陽氏が創作舞台劇として再現されました。そこには…

近藤典彦「石川啄木と花」(11)

華道界の季刊誌「真生」307号に掲載の近藤典彦氏の「白い躑躅(つつじ)」は、明治の時代に啄木が暮らした渋民村の宝徳寺の池のほとりに咲く白いつつじの花から、ある女人の姿を訪ねあてました。彼女は渋民村でただ一人の近代的な教育を受けた女性だった…

近藤典彦氏が華道界の季刊誌「真生」に連載されている啄木の「花の歌」についての文章を楽しみに読ませて頂いているので、今年度の分から湘南啄木文庫のブログでも紹介させて頂くことにしました。お楽しみに写真版でご覧ください !

ある啄木愛好者たちが啄木終焉の地に「歌碑を建立」の悲願を達成させた実話を舞台に

「啄木学級」~故郷講座~ 生徒募集中

6枚セットの「啄木 絵はがき」を紹介します!

啄木記念館で 新シリーズの「啄木 絵はがき」発行!

盛岡市を訪ねた友人からのお土産に「啄木絵はがき」(新シリーズ6枚セット)を頂いた。素敵なデザインと歌の解説も載っている。 また、ご当地の新聞「盛岡タイムス」に載った「新シリーズ絵はがき」の記事も入手したので紹介します。絵はがきの購入などにつ…

鎌田慧のコラムは「オウム真理教」を誤って伝えてしまう!

去る7月10日付けの東京新聞(朝刊)のコラム「本音のコラム」にルポライターの鎌田慧が(「王」と「大臣」)と題した短い文章を載せていた。(写真参照)この文章は石川啄木の日記を引用しているので、私の怒りが収まらない。明治43年に起きた幸徳秋水らが…

もう一度読み返したい本(1)三枝昻之先生の特集号

私が最近読んだ私のお薦め本です。本書は現代歌人のトップに立つ三枝昻之氏の「丸ごと1冊」です。名著『昭和短歌の精神史』は永久に残さなければならない名著ですが、その著の誕生前後の「自筆年譜」も注目ですよ! 2017年11月21日の「読書感想」より

「啄木祭」の報告が「短詩形文学」7月号に載りました!

松平盟子著「真珠時間」(本阿弥書店)を読みました!

著者の松平盟子氏は歌人として著名な方なので、当然ながら作歌の傍らで、多くの文章も書いていることも広く知られる。 本書にはそのような著者がこれまでに雑誌や新聞など書いてきた短い文章だけを選んで収めてある。著者は(本書を)「まとめながら、相応の…

啄木と文京区と盛岡