湘南啄木文庫ブログ

このブログは佐藤勝が個人的に収集した歌人・石川啄木に関する「よろず」情報を紹介いたします。また、私の雑多な日常的な話題や趣味の世界(落語や演劇鑑賞、読書体験)なども記してゆきますが、いずれの部門の同好の方々からのご協力なども頂くことが出来れば有難いです。なお、石川啄木に関する文献を主にした「湘南啄木文庫」のホームページ(http://www.ne.jp/asahi/shonan/takuboku/)の方も覗いて頂ければ嬉しいです。

全集の誤植だった「啄木最後の歌」明治45年の年賀状!

毎年、正月になると、どこかに石川啄木の年賀状や正月を詠んだ短歌が紹介される。

わがブログでも同じように「啄木の年賀状」を取り上げてみた。

最初の写真は2010年12月26日の「秋田さきがけ」に紹介された記事で啄木の最後の年賀状となったものである。

宛先人が記されてないが国際啄木学会編『石川啄木事典』で私が担当した「現存資料案内」によれば函館市立図書館の「啄木文庫」に所蔵されているこの葉書は岩崎正宛のものと推測される。

しかし従来の「啄木全集」には、この歌が「今も猶やまひ癒えずと告げてやる」と記されているが写真で見る歌は「やまひ癒えずに」となっている「に」が正しいのであるが、これは最初の「啄木全集」(大正8年~9年・第1巻~第3巻・新潮社)が発行した第3巻に載っているものであり、その後に発行された各社の「啄木全集」、「石川啄木全集」にはすべて最初の新潮社版と同じであり、実は同全集には同じ歌の記された「藤田武治」宛ての年賀状も掲載されているのであるが、私の書いた「現存資料案内」には藤田武治の年賀状を所蔵する所は記されてないのである。

新潮社版の全集の校閲は吉田孤羊が行ったものであることは知られているので、これは吉田の読み違いを少なくとも「岩崎正」宛の葉書(年賀状)に記された歌については誤記であり、その後に発行された全ての各社の啄木全集には誤記のままに踏襲されてきたのであるが、この記事が出て間もなく、釧路市在住の朋友、北畠立朴氏から「秋田さきがけ」と同じ記事が載った北海道新聞のコピーを同封した手紙が来て、この歌が全集に載っているものと違っていることを指摘した北畠氏の文章の載った地域誌「しつげん」と共に届いたのを機会に翌年の角川「短歌」4月号が啄木特集号で私は啄木略年譜を担当していたので、末尾に正しい「啄木最後の歌」を記すことができた。

しかし、藤田武治宛の年賀状にはどのように記されていたか、今は確認する術がない。

f:id:s-takuboku:20211231173158j:plain

啄木の最後の歌(日付のあるもので)と云われた年賀状の記事を掲載した「秋田さきがけ」/2010年12月26日号より

f:id:s-takuboku:20211231173422j:plain

本年もよろしくお願いいたします


 

与謝野晶子の作品から見た「大逆事件」とは何であったのか!

石川啄木を世に送り出した人は誰か?と問われたら私は与謝野鉄幹・晶子だと応える時もある。

「時もある」というのは啄木の名を今日まで残した要素は無数であり、啄木自身に他ならぬからだが、啄木にとって晶子と鉄幹の名を外すことは出来ない。

先日、与謝野晶子倶楽部が発行する冊子「与謝野晶子の世界」第21号をご恵送頂いた。執筆されている方々の中には石川啄木についての論考も何編か発表されている古澤夕起子氏の研究論文【「紀州のおふかさん」つよく生きる少女】が載っていた。

 

古澤氏は与謝野晶子の書いた文章の中に読み取れる、世の中の不平等への静かな憤りとその熱意に共感して明治という時代に起きた「大逆事件」とは何であったのか、そてし、その秘密裏に裁かれた大審院裁判は令和という今の時代にも形を変えて起きる可能性のあることを示唆するために書かれた論文のように読み取ったのは私の深読みであろうか。

以下に古澤論考の小見出しを並べてみる。

1・晶子の見た少女たち

2・新宮の大石さんちの「おふかさん」

3・寛にとっての「大逆事件」とその後のおふかさん

 

この論文はB5判のコピー用紙とほぼ同じサイズの冊子である。その2p〜8pにわたって掲載されている。

大逆事件については当時の多くの文人や知識人が、其々の立場で其々のことを書いている(発禁になったものある)。

 

この時代に啄木も今なお、高く評価される「時代閉塞の現状」をはじめ、弁護人の一人であった平出修に見せてもらった幸徳秋水の陳述書の一部分を筆写して書き残した事や、その関連のものを啄木自身が書き残しており、それらは今日、貴重な資料として残っている(その一部が天理大学図書館に所蔵されており、私も一度だけ閲覧する機会に恵まれた)。

 

誤解を招く前にお断りして置くが古澤氏の論考は私が読み取ったほど声高に「大逆事件」を論じるものではない。しかし、私はじっくりともう一度、読み返したいと思っている。啄木が高く評価した与謝野晶子という人を知るためにも。

 

参考まで目次の頁を写真版で載せたが、その中に折口信夫の「与謝野寛論」など興味深いもがある。

以前に「折口信夫研究」第一号に歌人岡野弘彦氏が書き写した、折口信夫(釈超空)が啄木の歌集『一握の砂』に書き込んでいたメモ書きについての特集号が出て、私は釈超空という歌人を再発見したようで嬉しいかったことを今、思い出している。

f:id:s-takuboku:20211229075846j:plain

与謝野晶子の世界 21号の表紙

f:id:s-takuboku:20211229075945j:plain

与謝野晶子の世界 21号の目次

f:id:s-takuboku:20211229080030j:plain

与謝野晶子の世界 21号の奥付

f:id:s-takuboku:20211229080328j:plain

結婚を記念して撮った石川啄木夫妻(カラー加工は平山陽氏の手法による)

 

中川康子著『東京の「啄木日記」を歩く~明治を探して~』に感動! 

本年の8月に発行された中川康子著『東京の「啄木日記」を歩く~明治を探して~』(A5判/全360頁/個人発行のため一般販売はされておりません)を読んで私は、ただ、よくぞ、これほどの本を一人で出されたと驚いた。

 

この思いを日頃から親しくしているÔ先生や若い啄木大好き作家のH氏に伝えたくて電話をした。お2人とも私と同感だと云われました。

とにかく、「啄木日記」の魅力の世界を、これまで他の誰もが気付かなかったという新しい方法と視点を持って幅を広げて紹介した啄木案内書に私は感動した。

私はこの感動を分かち合える人に伝えたくて上記の2人に電話をした。

読んで、その本のことを誰かに話したくなるというのは、感動させる力のある本だからなのではないかと思う。

著者の中川さんは啄木の東京に於ける日記を手掛かりにして、啄木の足跡を訪ね歩き、そして啄木と同時代に生き、その周辺に住んでいた文人たちの足跡も一緒に紹介している。

それが、何とも味わいのある、そして簡潔な文章でまとめたことに私は感動する。

 

例えば明治42年1月9日の日記には「森先生の会だ」と記されているのは東京・文京区の「団子坂」にある森鷗外旧居跡で開かれた、観潮楼歌会に出た時の日記であり、その日記に斎藤茂吉の名前が出ていることから茂吉が院長を勤めた青山脳病院の病院跡(赤坂青山南町)を訪ねる。更に同年1月14日には日に雑誌「スバル」の編集をめぐって啄木が心に確執を抱くことになる平野万里の妻であった「新詩社の五才媛」といわれた玉野花子の墓参に啄木は吉井勇と万里の三人で墓参りに行っているのであるが、その花子の眠る「西行寺」(駒込追分町)を紹介する。

 

このように啄木の日記を案内書として啄木の生きた時代の現代の姿を自ら撮った写真を豊富に使って紹介するのは著者の親切であり、日記を残してくれた啄木にむける著者の敬愛の心が伝わってくるのである。

本書はどの頁をめくっても、2,3人の啄木と同時代に生きた文学者たちに逢えるのである。啄木研究者はもちろん、本書は愛好者や啄木以外の研究者にも有難い1冊の「辞典」のような存在になるもので、公刊じゃなく、自費出版なのが残念でならない。それでもご覧になりたい方は近くの公立図書館に依頼すれば、どこかの公立図書館から借りだしてくださる方法もある。

f:id:s-takuboku:20211221211112j:plain

中川康子著『東京の「啄木日記」を歩く』(表紙)

f:id:s-takuboku:20211221212148j:plain

目次(1)


f:id:s-takuboku:20211221212038j:plain

目次

f:id:s-takuboku:20211221212235j:plain

内容の一部から(啄木終焉の地)

f:id:s-takuboku:20211221212332j:plain

金田一京助の旧居跡

f:id:s-takuboku:20211221212443j:plain

しんぶん赤旗(2021年12月5日付け)「ほんだな」にて紹介された

f:id:s-takuboku:20220111205100j:plain

北海道新聞の新刊紹介記事 2022年1月9日号



追悼 啄木ファンだった芥川賞作家の新井満さん!

本日(2021年12月4日)の昼に新井満さんが、昨日、亡くなったというニュースを見て驚きました。

新井さんは啄木大好き人間であったことも、その著書や作品でも良く知られています。

私が新井満さんのファンになったのは昭和52年に発売された、新井さんが啄木の歌に曲を付け、五木ひろしが歌ったLPレコードを聴いた時からです。

その後に新宿の会場で「東京啄木学級」が開催された時に講師であった新井さんの話しを聴いた時に新井さんは「偽物の啄木書簡」を某古書店から買ってしまったことを、会場の受講者に額に入れた偽物の啄木書簡を見せながら話される姿を見て、私はとても親しみを感じました。

その後に縁あって、岩手県八幡平市で開催された「啄木の父・一禎和尚を偲ぶ会」や函館市で開催された国際啄木学会の大会では特別講師として講演して頂きましたが、偶然にも私は、八幡平市函館市の講演の時に新井さんと同じホテルであったことから、朝食の場で2回とも会ったのです。

最初の八幡平市で時は勇気を出して、席が近くでもあったことから新井さんの席まで挨拶に伺ったら、とても気さくに話してくださり、所謂、有名人然りとした姿が無くて、普通の知人のように話され、「佐藤さんも啄木が好きなようですが、私も昔から啄木が好きなんですよ」と話されました。

私は新井さんが芥川賞作家であることも存じ上げていたが、1人の歌手であり、サラリーマンでもあることを知っていたので、つい、

「朝から失礼な質問ですみませんが1つだけお聞きしたのです。新井さんは、著名な作歌でもあり、歌手でもある人なのに、なぜ、今もサラリーマンも続けておられるのですか?」と口走ってしまったら、ニッコリと笑って

「カミさんが辞めさせてくれないんですよ」と仰った。

「カミさん」と多分、言ったと思うのだが、あるいはもう少し洒落た言葉であった気もする。

 

この時、私の隣りに同席していた友人が私のことを「勇気あるなあ」と呆れた顔で諫めるように云ったが、私は勇気など無いのです。

ただ、あの時に声を掛けていたら良かった、と後になって思うよりも、その場で恥をかいても、相手に不快な思いをさせない最大限の配慮で挑むなら許されるのではないか、ということを、若い時に読んだ歌人民俗学者の「折口信夫・釈超空」の直弟子であった人の書いた文章の中に、ある時、折口のエピソードを知ってから、自分もなるべく折口のように生きたいと思うようにしていたのです。

折口がおる日、都電の中で偶然に柳田邦男と同じ電車の車両に向かい合わせて座った時、折口は立って柳田の前に行き、深々とお辞儀をしてから初対面の挨拶をして席に戻り、「ああ、これで安心した。この勇気がなかったら後悔する時が来るかも知れないからね」と言ったということです。柳田と折口は後に同じ民俗学者の双璧に立つ人物ですが、私は折口のこのような姿勢がその後の歌や学説にも現れているようで好きなのです。

 

新井さんの話題から逸れてしまいましたが、函館で開催された国際啄木学会の時も、何という偶然か朝の食堂で、またしても一緒になって挨拶を交わすことが出来たのです。

この時は前日に伺った新井さんの啄木講演を聞かせ頂いたお礼を述べるに留めたが、「先生の「お墓参りは楽しい」のご本は素晴らしいですね」と多岐にわたる有名人の墓所訪問記から得たお礼を伝えたら、新井さんは何時ものようにチョッと恥ずかしそうに「いやー、どうも」と云われた時の声が、私は今も、つい先日のことのように思いだされるのです。 合掌

(2021年12月4日 湘南啄木文庫にて記す)

f:id:s-takuboku:20211204174409j:plain

新井満さんの作曲した作品と石川啄木に関する書籍(1)

f:id:s-takuboku:20211204174552j:plain

新井満さんの作曲した作品集 LPレコードのカバー(2)

f:id:s-takuboku:20211204174727j:plain

新井満さんの作曲したLPレコードに付けられた啄木などに関するエッセイ(1)

f:id:s-takuboku:20211204174913p:plain

新井満さんの死去を報じるネットニュース(12月4日12時ごろのスクリーンショット

 

啄木を殴った男・”小林寅吉”の生涯を新聞記事で綴った大著の発行!

本稿は2021年8月22日にFacebookの「石川啄木愛好会」、Twitterの「湘南の啄木」、又、ブックマークの「佐藤勝」の頁にて紹介したものですが、本家でもある「湘南啄木文庫」のブログに転載することを失念しておりましたので、始めにそのことのおことわりとお詫びをしておきます。

したがって以下の文章は上記のネットに載せたものと同じものです。

 

【蛮寅の紹介】

一昨日、驚くような啄木関係図書が送られてきた!
A4判サイズ(週刊誌より大きな判です)、全275頁、著者の自費出版書です。
驚くのは、その内容です!
啄木を殴った男、小樽日報社の事務長・小林寅吉(後の中野寅吉・衆議院議員)が、どのようにして国会議員となり、「蛮寅」ので異名をもってひろく世間に知られる男になって行ったのか!


福島民友の主に政治担当記者として長年勤めた経験から得た著者独自の手法を用いて本書は中野寅吉に関する新聞記事を主流にして、啄木研究書を傍系に置いて記事からの整合性を正しながら、約60万字に近い400字詰原稿用紙1500枚の大著を刊行したのである。
しかし、何故かこの、びっしりと詰められた文字間からの息苦しさは感じ無い!
むしろ、爽快な感じがするから不思議だ!
それは、新聞記事という、一般的な文言を持って書かれた文章を軸に置いて、啄木研究者の文献を引用し、双方の相違などは著者の註釈で補うという手法による効果の所以であるように感じた。
まだ、半分ほどしか読めて無いが、明治、大正、昭和の新聞記事をそのままの文言で引用していることで時代の変化と共に「中野寅吉」(養子となって小林から変わった)という人物を浮き彫りにして行く過程には、戊辰戦争から太平洋戦争までの世の中の変容もあって、言い難いほどに面白い本になっている。
そして啄木と寅吉の関係も新しく見直したくなるような人物像が浮かんでくる。 

【追伸】
本書を入手しての購読を希望される方は、著者(菅家健司)まで(実費3000円を同封して現金書き留めにて)直接申し込みくださいとのことです。
但し、少数の発行なので、この本は石川啄木愛好会の方にのみ、公開されることです!
私は昨夜、話した2人の方の分を明日、申し込みしてあげることに致しました。
著者の住所は最後の奥付の写真を見てください。

【追記2021年11月4日】

本稿が載って既に70日が経過しておりますので、著書の在庫の有無は往復ハガキで著者に問合せてから送金して申し込みされることをお願い致します。

f:id:s-takuboku:20211104115305j:plain

「啄木を殴った男」の表紙 

f:id:s-takuboku:20211104115505j:plain

「啄木を殴った男」目次ー1

f:id:s-takuboku:20211104115537j:plain

「啄木を殴った男」目次ー2

f:id:s-takuboku:20211104115625j:plain

「啄木を殴った男」奥付(著者の連絡先が記載)

 

啄木の贋作が頻繁に出品されるヤフオクにご注意を!

性懲りも無く、何度も、何度もヤフオクに「啄木直筆短冊」として偽物と思われる短冊が途方も無い値を付けて出品されておりますから気をつけましょう!
啄木の贋作が頻繁に出品されるヤフオクにご注意を!

私に言わせると、この出品者の「逃げ口上」が悪質なのです。

偽物か本物か分からないが、品物の出どころが云々という件には視聴者に対して、「自分は正直な業者です」と勘違いさせるための言葉が「計算づくめ」の意図が見え見えなのです。
啄木短冊の偽物は、これまでにも何度か登場してます。しかし、啄木の短冊は存在しないのです。実際に騙されて大金で購入した人もおりますが、それは購入者が無知であったからです。

啄木が生涯に1枚だけ、短冊に歌を書いたことは知られております。また、それが、焼失して現存しないことも知られていることも事実です。

啄木本人が、短冊を一度だけ、断り切れずに書いたことを日記に記しております。
間島琴山と言う「明星」の仲間のためにですが、間島は、これを空襲で焼失したことを戦後に2回も雑誌に書いております。間島に書いた短冊の歌は「東海歌」ではありません。

私がヤフオクので画面で見る限り、巧みに啄木の歌稿ノートの書体を真似た悪質な贋作ですが、この業者には、以前も質問の形で偽物であることを忠告しておりますが、また、同じ物を忘れた頃に、しかも同じヤフオクに出品して居るので、啄木の愛好家の人は気をつけてください。
但し、世の中には贋作を自己満足のために収集されている人もおります。
そのような贋作愛好家も罪を被るべきですが、洋の東西、又、芸術の分野も問わず、贋作の製作を生業としている輩のいることも事実です。
こうした輩を締め出すには、暴きたてるだけでは効果の無いことも承知しておりますが、購入者(入札者)が本人なら、それも良いかと思います。

f:id:s-takuboku:20211020011336j:plain

何度もヤフオクに出品される啄木短冊の贋作です。

f:id:s-takuboku:20211020011503j:plain

善人ぶった問題の「能書き」です。特に青文字の部分が私には巧みな詐欺師の用語と重なります。

f:id:s-takuboku:20211020011821j:plain

「能書き」の補足も問題ですから書いた人の裏を注意深く読み解きたいと思います。




 

今も変わらぬ啄木短歌の本質と読者の心!(宮城謙一のエッセイーに読む)

毎月、日野きく先生から送って頂いている短歌結社誌「短詩形文学」が今月も届きました。感謝の思いで開いた最初の頁に宮城謙一のエッセイー集『短歌を愛する友へ』(抄)その(1)が載っておりました。その中で宮城謙一(故人)氏は、啄木の歌には読者を歌の中に詠まれた主人公にしてしまう魅力があるということを述べておられます。

啄木短歌の持つ魅力を見事に言い表している言葉だと思いましたので下に写真にて紹介させて頂きました。ご一読ください。

f:id:s-takuboku:20210930211835j:plain

宮城謙一氏のエッセイーを載せた「短詩形文学」2021年10月号表紙

f:id:s-takuboku:20210930211952j:plain

宮城謙一のエッセイー(抄)