湘南啄木文庫ブログ

このブログは佐藤勝が個人的に収集した歌人・石川啄木に関する「よろず」情報を紹介いたします。また、私の雑多な日常的な話題や趣味の世界(落語や演劇鑑賞、読書体験)なども記してゆきますが、いずれの部門の同好の方々からのご協力なども頂くことが出来れば有難いです。なお、石川啄木に関する文献を主にした「湘南啄木文庫」のホームページ(http://www.ne.jp/asahi/shonan/takuboku/)の方も覗いて頂ければ嬉しいです。

国際啄木学会東京支部会の観劇会「節子 愛の永遠性を信じたく候」5月18日(土)14時開演

国際啄木学会東京支部会では来る5月18日(土)14時から下記の演劇鑑賞会を開催します。(会員外の方の参加も歓迎)

啄木の妻・節子の不貞説は啄木の実の妹である三浦光子の発言を発端として多くの研究者や作家たちから論文や作品としてとりあげられてきたが、未だ、決定打とする解決は無かった、しかし、今回の舞台の脚本を書いた平山陽氏は、これまでに誰もが気付かずに見逃して居た視点から見事な説を立てられて舞台の上で3人の思いを、多くの人が納得できる言葉を語らせることで、長年の論争に終止符を打つ決定打を放ってくれた。

不貞を疑われた節子も、沈黙を貫いた啄木も、そして郁雨も、この舞台を観たなら涙してしまうことだろう。

悪者は誰も居なかったのであるが、書き残されたものは全て事実である。そこに平山氏の作家として、そして啄木研究者としての新しい視点が冴えている。

観劇会の後で会場の近くにあるレストランで会員が感想を語り合える時間を設けます。そこで、作者の平山氏から短い時間でもコメントを頂けるようにお願いしてありますので、東京支部会員外の方も来場してください。

なお、入場の申し込みは私(佐藤)の方は締め切りましたが、席に若干の余裕があると聞きましたので、未だの方は各自直接申し込みしてください。

f:id:s-takuboku:20190506105837j:plain

「節子 愛の永遠性を信じたく候」

f:id:s-takuboku:20190506112224j:plain

「節子 愛の永遠性を信じたく候」